平凡主婦がネットで稼いで節約シンプル生活を目指すブログ

初心者がネットで稼ぐ方法を公開します。シンプル生活を目標にしています

本専門 フリマアプリ「ブクマ!」とは 使ってみた感想!

株式会社メルカリが先月5月に新しく「メルカリカウル」をスタートさせたのは記憶に新しいことです。

メルカリカウルについての感想はこちらに書いてあります。(^^)/

 お時間あればご覧くださいm(_ _"m)


実はこの「メルカリカウル」に似たアプリがあると言うことをご存知でしょうか!

それが「ブクマ!」です。この「ブクマ!」と呼ばれているアプリ

実は本専門のフリマアプリなんです(^^)/

ブックとフリマを合わせたネームになっていますね!

フリマアプリの歴史を振り返ると2013年頃から配信が始まり、始めの頃は一部のユーザーに人気がありましたが世間一般的にはまだまだ知名度が低い状態でした。

しかし2015年頃になるとフリマアプリが次々配信されネットでフリマをする人は急上昇しました。

2017年度はますますフリマアプリが活発化しユーザーの確保にフリマ会社は必至!

そんな戦場の中でも人気爆走中なのが「メルカリ」です。

今度も「メルカリカウル」や「ブクマ!」のように専門分野のフリマアプリも増えてくるのではないでしょうか

本を売るなら「ブックオフ」ではなく「ブクマ!」

 

さて「ブクマ!」は2016年8月にアプリとして配信されたわけですが

まだまだ知名度は低いようです。

私も存在を知ったのは今年になってからです(´・ω・`)

例えば本の断捨離やよく読書をする人は「ブクマ!」を利用するとお得に本の売買が可能です。

本って私もよく買いますケド置く場所に結構困ったりします。本棚にも限りがあるのでしょっちゅう本の入れ替えをしていますが読まなくなった本は売るか捨てるかです。

まあ捨てるのはもったいないから「ブックオフ」などの古本屋さんに持っていくわけですが・・・・ほんとね買い取り価格が安い!!

人気の本だったり、買ってすぐに売ればある一定の金額で買い取りされますが、

それ以外の本は一冊50円で買い取りされたらマシなレベルです(;^ω^)

まとめて30冊売ったから買い取り額期待しているとかなり低い金額でびっくりします。

なので

本を売るならブックオフ🎵ではなくて

本を売るなら「ブクマ!」🎵なんです!(^^)!

「ブクマ!」の特徴とは

※特徴はアプリの概要から抜粋しています。

  • 面倒な出品作業も最短10秒で!!うーん10秒は厳しいけど簡単に出品可能
  • 取引相手とはチャット形式で簡単にできる メルカリと同じ感じ
  • 学生にもピッタリ!教科書を売っても可  学生さん同士でシェアするといいよね
  • 安く買える高く売れる! 古本屋よりメリットないとアプリ使う意味ないよね

ブクマの使い方

f:id:nevergivup:20170603215632p:image

アプリをダウンロードするとこの画面がでてきます。

カメラマークをタッチして初めに会員登録をしましょう!Facebook登録もできます。

画面の指示に従い登録していきましょう。

最後に電話番号を入力し認証コードが送られてくるので認証コードを確認できたら会員登録完了です。

 

 出品方法も簡単です。

実は「ブクマ!」もバーコードをスキャンして出品するスタイルなんですよね!

バーコードが本の情報を読み取ってくれますので楽ちんです。

販売価格や本の状態などを決めて情報は丁寧い書いていきましょう。

 

ちなみに

 

「ブクマ!」のお支払い方法はクレジットカード決済のみです。

ここは「メルカリ」とは違う部分です!!

 

手数料は10%なのでここも「メルカリ」と同じです。

 

「ブクマ!」使ってみて 感想です。

操作や出品方法はメルカリと同じなので簡単です。

「ブクマ!」ユーザがまだまだ少ないので今後もっと増えてほしいのと

お支払方法がクレジットカード決済しかないのは致命的だと私は思います。

「ブクマ!」より「メルカリカウル」の方が早く売れそう

こんな感じでしょうか

 

今日覚えること 本を売るなら「ブクマ!」これ覚えておいてくださいね!!

それではまた(^^)/